NEWS&TOPICS
新着情報
HOME - NEWS - 卓球を通じた文化交流で「大塚の街」と「人」を繋ぐコミュニティスペース「ping-pong ba」2019年7月26日(金)19時オープン
2019.07.04
卓球を通じた文化交流で「大塚の街」と「人」を繋ぐコミュニティスペース「ping-pong ba」2019年7月26日(金)19時オープン

この度、「星野リゾート OMO5 東京大塚」が入る「ba01」の地下スペースに、卓球を通じた文化交流で、「大塚の街」と「人」を繋ぐコミュニティスペース 「ping-pong ba」(ピン・ポン・バ)を、2019年7月26日(金)19時にオープンいたします。

 

「ping-pong ba」は、大塚で遊ぶ人・泊まる人・働く人・暮らす人などを、卓球を通して繋いでいく場を目指しています。卓球は、年代や国・言葉といったボーダーを超え、心のコミュニケーションを可能にするスポーツであると考えます。大塚の地で、卓球を通して、老若男女が気軽に繋がり合うことができ、昼夜問わず様々なシチュエーションに応じて愛されるような、新しい形の“卓球の聖地”を目指します。

 

「ping-pong ba」のフロア内では、5台の卓球台とDJスペースを設置し、落ち着いた雰囲気の照明と心地よい音楽が包み込む空間で、卓球をお楽しみいただけます。さらに、「ガストロパブ」×「卓球」をテーマに、パブの本場・ロンドンで人気のビールや、サンデーロースト・アボカドサンド、フィッシュアンドチップスといったメニューを揃え、イギリスの文化を感じながら、卓球とお酒・お食事を楽しめる場所になっています。

 

また、コミュニティスペースとしての運営だけでなく、スポーツを通じた健康増進のきっかけになるような、地域企業や住民との卓球大会や交流イベントも開催予定です。大塚の地で長年街づくりに携わり、街の変化を牽引してきた「ba」シリーズの新しい形として、地域との共存共創を第一に、新しいコミュニケーションやカルチャーが生まれるような場づくりを目指します。

プレスリリース